ふるさと納税 仕組み

ふるさと納税は、ある地域に寄付をし、寄付をした人の所得税や住民税が控除される仕組みになっています。

そして寄付を受けた地域は、寄付を地域活性化のために活用することができます。

住民税というのは、すんでいるところの市区町村に納税します。
人口が多い地域であれば、たくさんの税金が集まりますが、少ない地域であれば、あまり税金は集まりません。
そのため、施政に使うことができる金額が小さくなり、住民に対して十分なサービスを行ったり、文化財の保存といったことを行うことが出来ません。

そこで考えられたのが、ふるさと納税です。
寄付をした人は、住民税や所得税の控除を受けることができ、また寄付のお礼としてその地域の特産物をもらうことが出来ます。
一方寄付を受けた地域は、寄付を使ってその地域の住民のための施策や、自然や文化財保護等を進めていくことが出来ます

最近では、お礼品を目的にふるさと納税をする人も増えてきています。
そのため魅力的なお礼品を用意している地域では、寄付がたくさん集まっています。





|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|